kamiitadori aki .jpg

2012年06月14日

上新道

 下新道集落と川一つ隔てて上新道があります。

 ちょうど、二つの集落の真ん中を昔は国鉄の線路が走っていてました。

 その旧国鉄線路の脇には下新道の磐余が書かれています。
 kamisinndou 12-05 .JPG

 奈良時代、都から越の国にはいる旅人は必ずこの上新道集落を通った。

 松原駅(敦賀)から陸路や海路で五幡や杉津を通り、山中峠を越え、この地を通り鹿蒜駅(新道から南今庄付近)に至った。

 平安時代の天長7年(830)木ノ芽峠が開かれ、その後はこの道が北陸道の主道となった。

 新道の地名はこれに由来している。

 また、この集落は二つの峠越え(木ノ芽峠と山中峠)の追分け口(分岐点)でもある。


 その線路から右に逸れて上新道集落が始まります。

 kamisinndou 12-05 (5).JPG
 
続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 06:23| Comment(0) | 街道をゆく・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする