kamiitadori aki .jpg

2010年02月27日

8 水戸浪士のこと(2)

宅良谷の浪士

 峠下の杣木俣では、恐怖におののき言葉に表せないほど驚いた。

 しかし、浪士たち一行は流言飛語や庄屋の布令に反して、その行動は終始整然としていた。

 古木へは12月9日の昼過ぎ先遣隊が到着、まもなく本体もやってきた。

 総勢7〜800人であったから小倉谷、杣木俣にも入り込んでいたであろう。

 浪士たちは疲れていたのか、元気もなかったが、乱暴狼藉をはたらく者はいなかった。

 村では若者17〜8人が人足として、浪士たちに駆り出され、武具や食料などを運搬させられた。

 運搬していった人々の中にはその日の内に逃げるようにして家に帰った者もあったが、中には4,5日も家に帰れず、徴用されて新保(敦賀市)まで行かされ、家では殺されたのではないかと心配していた家もあった。

 また、温谷辺りで休憩した浪士たちの間には、かじかんだ手足を温めるため、雪囲いしてあった薪の束をほどいて土間で燃やし、つし裏の天井へ火がつかないかと、家の人をはらはらさせるほど、大火を燃やして暖をとって行った者もあった。

 しかし、大半はおとなしく静かな通過だったという。


 続く・・・・・・・。


 注)この文章は、山本勝士さんが書かれた「福井県 今庄の歴史探訪」からのものです。


posted by 兵三(ひょうさ) at 07:09| Comment(0) | 今庄宿の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。