kamiitadori aki .jpg

2012年05月28日

今庄の鉄道物語

 初めに

 これから今庄が鉄道の町としてどのように生まれ、どのように変遷していったかを書いていきます。

 江戸時代には北国街道として今庄は栄えました。

 時代が明治時代になっても今庄の重要性は消えず、かえって国鉄(日本国有鉄道)の機関区として栄えました。

 そして、現在は機関区としての役割は終わり、今では普通の駅になってしまいました。

 でも、駅構内には昔の面影が残っており、栄えた時代を知る人にとっては懐かしい駅です。

 そんな今庄をめぐる鉄道物語を連載で書いていきます。

 今の今庄駅
 imajoueki 09-000.JPG

 注)この文章は、山本勝士さんが書かれた「今庄駅をめぐる鉄道物語」から許可を頂いて引用しています。

 


【関連する記事】
posted by 兵三(ひょうさ) at 20:50| Comment(0) | 今庄をめぐる鉄道物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。