kamiitadori aki .jpg

2012年05月31日

赤座氏館址(3)

 今庄の居館址

 居館はその後、新道から今庄に移したが、その時期はつまびらかでないが、天正三年(1575)吉家が信長に仕え以降うと考えられている。

 「越前国城蹟考」に「今庄村際寅卯之方(東北東)畑之中東西二十五間南北二十八間」とあり、これに従えば今庄の七十四字北立石、八十四字南立石の地に比定されるが、現在は今庄駅構内にあたり、その遺構をとどめていない。

 六代吉家の治世を示すものとしては、吉家判物に見える大桐村への灰焼商売免許(「大桐区有文書」)や、宅良慈眼寺塔頭月そう寺の禁制(「慈眼寺文書」)が知られるが、詳細は不明である。

 吉家は慶長五年(1600)関ヶ原の戦いに、西軍の敦賀藩主大谷善継に従い、のち東軍の小早川秀秋についた。

 このため戦後、領地を没収され流浪した。

 翌六年、加賀の前田利家に二千石で召し抱えられ、家康をはばかって母方の姓永原と改め加賀に移ったという。

 それに伴い棟岳寺の寺基も金沢に移された。

 今庄の棟岳寺はいったん廃寺となったが、その後再建され、赤座氏の福菩提寺となっている。

 今の棟岳寺
 tougakuji 10-0906.JPG

 tougakuji 10-0908.JPG

 tougakuji 10-0905.JPG

 tougakuji 10-0902.JPG

 注)この文章は、山本勝士さんが書かれた「福井県 今庄の歴史探訪」から許可を頂いて引用しています。 

 


 
posted by 兵三(ひょうさ) at 19:14| Comment(0) | 今庄宿の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。