kamiitadori aki .jpg

2012年06月03日

帰から新道へ

 の集落を抜けて新道の集落に向かいます。

 kaeri~inndou 12-06 (2).JPG

 集落を抜けて直ぐのところに一里塚の跡が残っています。

 kaeri~inndou 12-06 (3).JPG
 kaeri~inndou 12-06 (4).JPG

 一里塚(いちりづか)とは、大きな道路の側に1里(約3.927キロメートル)毎に旅行者の目印として設置した塚(土盛り)で、塚の側に槐(エンジュ)の木を植えたり標識を立てたりしていたそうですが、今では今庄特産のつるし柿を作る柿の木だけになっています。


 アスファルトの道は当然当時はなかったんですが、山裾にその街道の痕跡が残っています。
 
 kaeri~inndou 12-06 (5).JPG
 ちょっと崩れて分かり難いんですが、父からここがその街道跡だと教えてくれました。

 さらに行くと、
 kaeri~inndou 12-06 (6).JPG

 新道の集落が見えてきます。
 kaeri~inndou 12-06 (8).JPG
 道が二又に分かれていますが、川沿いの道は新しいもので山側の道が古い道です。

 この近く野山裾に今庄を支配していた赤座氏の居館がありました。

 続く・・・・・。


 


 
posted by 兵三(ひょうさ) at 20:34| Comment(0) | 街道をゆく・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。