kamiitadori aki .jpg

2012年07月11日

二つ屋から言うな地蔵へ

 昔の二つ屋の集落があったところを抜けさらに上へ車で行きます。

 途中に小さな石碑が立っています。

 hutatuya 12-05 (9).JPG

 その土台の石には寛政という文字が見えます。
 hutatuya 12-05 (8).JPG
 と言うことは江戸時代の1789年から1801年ごろからあるものでしょうか。


 そこから少し行くと今度は首切り谷とういう立札が・・・・・。
 hutatuya 12-05 (7).JPG
 ここで戦かなんかがあって首をいくつも切られたんでしょうか。

 ちょっとおどろおどろしい名前ではあります。


 さらに先に進むと・・・・看板があって、今庄365スキー場に行きつきます。
 hutatuya 12-05 (6).JPG

 hutatuya 12-05 (5).JPG
 今はスキー場の一部になってしまっているんですがこの中を街道が走っていたんですね。

 スキー場の道を行くと・・・・、木の芽峠、笠取峠へと行きます。
 hutatuya 12-05 (4).JPG

 峠とは思えないような笠取峠です。
 hutatuya 12-05 (3).JPG
 hutatuya 12-05 (2).JPG

 ここまで来ると木の芽峠まではもうすぐです。

 木の芽峠の手前にある言うな地蔵
 
 ここまでくれば平坦な道が木の芽峠まで続いています。
 iunajizou 12-05 (10).JPG
 
 今庄宿から始まって言うな地蔵まで来ました。

 旅をしたのは車でしたが、途中で一里塚があり、宿場跡があり、峠を越えてきました。

 昔の人は本当に足腰が強くなければ旅は出来なかったんでしょうね。

 そんなことを思いながら、また来た道を帰りました。


 


 
posted by 兵三(ひょうさ) at 05:36| Comment(0) | 街道をゆく・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。