kamiitadori aki .jpg

2012年08月08日

赤座氏館跡

  室町時代の守護斯波氏に仕えて南条郡新道に館を構えていた赤座氏の館跡が今も残っています。

 今では杉林の中に隠れてしまっていますが、ちょうど小高い丘の上にあって当時は見晴らしがよかったところだと思います。

 akazasiyakata 12-06 (15).JPG

 その場所に行くには畑の中を通って行かないといけません。

 がその場所を今も守っておられる人が近くに集落におられます。

 その人の庭にも五輪の塔が残っていて、その館の大きさは相当なものだったことがうかがえます。

 akazasiyakata 12-06 (2).JPG

 
 畑の中の道なき道を進んでいくと・・・・・、

 林の中に突然現れます。

 akazasiyakata 12-06 (3).JPG

 
 
 側には仏様が・・・・、

 akazasiyakata 12-06 (5).JPG

 
 続いている道をさらに上っていくと・・・・・、散らばっている五輪の塔が残っていました。

 akazasiyakata 12-06 (7).JPG

 akazasiyakata 12-06 (8).JPG

 akazasiyakata 12-06 (10).JPG

 さらにその上には、少し前まで祠があったそうですが、その中に残っていた像などは今は新しく建てられた中に安置されているそうです。

 akazasiyakata 12-06 (12).JPG

 周りに散らばっている石板は屋根に使われていたんでしょうか?


 akazasiyakata 12-06 (14).JPG


 赤座氏館跡を知っている人はこの集落でも少なくなっているようでした。

 それでもこの地を守っている子孫の方はおられます。

 連綿と続く歴史。

 いつまでも守って、忘れないでほしいと思います。


 赤座氏略歴

 赤座氏は斯波氏に仕えた後、朝倉氏家臣を経て織田信長家臣となり、信長没後は豊臣秀吉に仕えて大名に列し今庄に陣屋を置いた。

 関ヶ原の戦いで直保は西軍を裏切り東軍の勝利に貢献するも通款を明らかにしなかったことから改易され、前田利長に招かれて加賀藩士として存続した。孝治のとき永原と改姓した。

 幕末には馬廻役・作事奉行を歴任した永原甚七郎(孝知)が出、水戸天狗党討伐の指揮を執り、葉原でこれを降伏させ最期を看取っている。






posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 史跡・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。