kamiitadori aki .jpg

2012年08月30日

藤倉山ハイキングコースの草刈り

 毎年8月の最終日曜日に藤倉山ハイキングコースの草刈が行われます。

 主体は壮年会で総勢20数名が参加しました。

 同時に昭和会館という公共施設の畳星も行われるんですが、こちらと比べたら断然過酷です。

 毎年草刈りをした後は「来年は絶対に行かない!!」って決めても、その年になると行ってしまいます。

 ちょっと不思議な山です。

 担当者からのあいさつや注意事項があって・・・・・・、

 hujikurayama 12-08 (16).JPG

 持ち物は、鉢に襲われた時のスプレー、救急用品、カメラ(作業の様子を撮るため)を各グループに持ってもらって、出発です。


 これから過酷な作業が待っています。

 hujikurayama 12-08 (15).JPG

 今年は違う谷から入りました。

 hujikurayama 12-08 (14).JPG

 草刈り機を持っての山登りは正直つらいです。



 この藤倉山にハイキングコースがあるのかはよく分からないんですが、昔この山中には山岳信仰があってお寺が立っていました。

 そのお寺の修験者がつけた道ではないかと思うんですが、記録が残っていないのでよくわかりません。

 hujikurayama 12-08 (13).JPG

 こんな階段が永遠に続きます。

 hujikurayama 12-08 (12).JPG

 これはもう草刈じゃなくて山登りです。


 山頂にある電波反射板から見た今庄

 hujikurayama 12-08 (11).JPG

 市街地はちょっと見えません。

 ここにもススキがあるって言うことは人間によって運ばれたんでしょうね。

 毎回ここでおにぎりを食べます。
 

 草刈りをしながらさらにもう一つの頂上を目指します。

 hujikurayama 12-08 (10).JPG

 ブナ林の中を進みます。

 hujikurayama 12-08 (8).JPG

 hujikurayama 12-08 (9).JPG
 

 途中に山の上なのに池がありました。

 この水はどこから来たんでしょうか? ほとんど頂上だったんですが・・・・?

 hujikurayama 12-08 (6).JPG

 池というより水たまりですね。

 このときは雨がずっと振ってなかったんですけど・・・・・・?


 やっと作業を終えて、他の班と合流して山を降りました。

 hujikurayama 12-08 (5).JPG

 ブナ林の中を降りていきます。

 hujikurayama 12-08.JPG

 ここら一体のブナ林がきれいなんです。

 大小さまざまなブナが山の斜面一帯に広がっています。

 藤倉山のハイキングですが、今庄駅からすぐに山に入ることができてブナ林に行けるところはあまりないようです。

 もちろんもっと大野などの山奥に行けばもっと広いブナ林がありますが。

 
 コースはいくつかに分かれていて、源平の合戦が行われた燧ケ城址、山岳信仰のあった光明聖寺址、そして藤倉山へと続いています。

 hujikurayama 12-08 (3).JPG

 杉林の中を降りて行って・・・・・、

 hujikurayama 12-08 (17).JPG

 やっと終わりました。

 草刈は5班に分かれて行われたんですが、朝7時半から始まって山から下りてきたのは1時過ぎでした。

 以前はもっと遅くて2時ぐらいだったと思います。

 その間は草刈り機を担いで山ん中を移動。

 登り始めはまだ元気なんですが、下るときには足はガクガクで膝がやられます。

 これがあるので来年はもう登らないと思うんですが・・・・・・。


 さて、来年の草刈は・・・・・・・・、どうしましょ?






posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 編集長のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。