kamiitadori aki .jpg

2012年09月21日

街道浪漫今庄宿(その4)

 いよいよ今日が最終日です。

 駐車場係を一日中やってたおかげで、会場をくまなく歩くということができませんでした。

 が、そこはうまくちょっと抜けだして、(簡単に言うとズルをしてですが・・・・・)その様子を撮りに行きました。

 会場の端から端まで歩くと相当時間がかかりましたが、それでもこのお祭りの活気ある様子がお届けできたのではないかと思います。

 それではその続きです。

 どこのお祭りでも子供が主役です。
 
kaidouromann 12-09 (50).JPG
 kaidouromann 12-09 (52).JPG
 
 本当は大人が足を休める場なんですが・・・・・・。



 同じ着物どおし

 kaidouromann 12-09 (51).JPG

 鉄砲隊の実射です。

 kaidouromann 12-09 (55).JPG

 この大筒は船をも沈めたそうです。(ほんまかいな?)

 kaidouromann 12-09 (57).JPG

 口では何とでも言えますが・・・・・。


 食べられた方もおられるかもしれませんが、これが一番のお勧め 厚揚げの焼いたの

 kaidouromann 12-09 (60).JPG

 ただ単に醤油と大根おろしとネギを載せて食べる。

 kaidouromann 12-09 (61).JPG

 これがまた旨いんです。

 食べられなかった人はぜひ次回食べてみてくださいね。

 なぜ福井県が厚揚げ豆腐の消費量が一番であるかを知ることができると思います。


 何という太鼓か忘れました。

 kaidouromann 12-09 (65).JPG
 kaidouromann 12-09 (68).JPG


 これが見たかったガマの油売り

 なんでも鑑定団でおなじみの先生が口上を述べます。

 取り出だしたるこの油、そんじょそこらのガマとはちと違う四六のガマと言って・・・・・、

 この四六のガマは今庄にも住んでいるそうで、筑波山のガマは偽物だそうです。

 kaidouromann 12-09 (72).JPG

 ますますテレビで行っている鑑定結果が信じられなくなりました。


 ねえ聞いてんの?

 kaidouromann 12-09 (73).JPG

 本来のガマの油売りは腕を刀で切って、その後に油を塗るとあ〜〜〜〜ら不思議、血が瞬く間に止まるだったと思うんですが、最近は痛いからやらないそうです。


 でやって見せてくれたのが、刀の刃の部分に油を塗ると途端に切れ味が悪くなるという実演。

 kaidouromann 12-09 (75).JPG

 確かに真っ二つには切れなかったんですが、これって力の入れようでどのようにもなると思うんですけど・・・・・??

 真顔でやってる姿を見るとますます不信感が募ります。


 お祭りの〆、今庄中学生による蛇踊りです。

 kaidouromann 12-09 (86).JPG
 kaidouromann 12-09 (96).JPG

 今年のお祭りは例年になく大勢の人が来てくれたようです。

 普段の街は人通りも少なく、閑散としていますが確かに息づいています。

 今庄の街は保全地域に指定されていますが、確かに人の営みがここにはあります。

 他の観光地のようにではなく、人が今でも住んでいる古い建物が残る地域として残ってくれたらと思います。

 お祭りが終わると本格的な秋がやってきます。

 今年のお米は豊作だったんでしょうか?






posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。