kamiitadori aki .jpg

2012年09月10日

廃村 岩屋

 夜叉が池への登り口に向かう途中に今は廃村になった集落がありました。

 岩屋です。

 今ではいくつかの蔵が残っているだけになってしまいました。

 集落の入り口には日清戦争か日露戦争で亡くなった方のお墓が立っていました。

 iwayahaison 12-08 (7).JPG

 今ではだれも訪れる人もなく、夏草に覆われていました。

 集落の手前には広い敷地が・・・・、ここは学校があった場所でしょうか。

 iwayahaison 12-08 (6).JPG

 川を渡ると・・・・・、

続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

廃村 高倉集落

 堰堤群を見ながらさらに左記に進んでいくと、急に視界が開けます。

 普通山奥にある集落は谷に沿って家が建ち並んでいると思うんですが、ここは平地のような感じです。

 koukura 12-06 (1).JPG

 欄干が錆びている橋を渡ると・・・・・、

 koukura 12-06 (10).JPG

 集落があった場所です。

 随分と昔ですが、ここを訪れたときにはまだ廃屋が残っていました。

 今ではすっかりそれもなくなってしまって見あたりません。

続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

高倉へ

 瀬戸の集落の外れに昔あった山の上の集落高倉へ行く道があります。

 以前行ったことがあるんですが、その時にはもう廃屋しかありませんでした。

 それが今どうなっているかを知りたくて行ってきました。

 koukura 12-06 (12).JPG

 谷川に架かる橋を渡って進みます。

 koukura 12-06 (11).JPG

 
 少し進むと川が二つに分かれていて、道が続いていない右の方に行くと・・・・・・、

 koukurahe 12-06 (16).JPG

 石積みの堰堤がありました。

 koukurahe 12-06 (15).JPG

 石垣の隙間から生えた木の根っこがその年月を物語っています。

続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

お乳の里 合波

 今庄にある集落で合波というところがあります。

 どこにでもある集落ですが、その集落のはずれに神社があってある言い伝えが残っています。

 社伝によれば第15代慶神天皇御降誕の折皇子への乳足らず式内宿禰大いに憂い天地神明に祈願したところ「越の国三尾の里に西面の滝あり。この水をご養婦に奉れば乳の出ること滝の如し」とのご神託を得て子の里を訪ねたるにはたして滝があり、滝水を献じたるところ、神託に違わず乳を得て皇子はすくすくと御成育なられ天皇の御位につかれた。

 信露滝の水といわれています。

 国道沿いにある看板でそれを知ることが出来ます。
 aiba 12-06 (1).JPG

 神社の名前は白髭神社です。
 aiba 12-06 (8).JPG
 
 aiba 12-06 (7 ) .JPG

 そしてここにはもうひとつ面白い証拠が残っています。

 続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 05:42| Comment(0) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

久喜(くき)

今庄は山に囲まれた小さな町です。

 その町には鹿蒜川、日野川、孫谷川、田倉川の3本の川が流れています。

 それぞれの川に沿って集落が点在していますが、それぞれ独特の名前を持った集落があります。

 鹿蒜川沿いには山中(廃村)、大桐、上新道、下新道、二ツ屋、南今庄(鹿蒜)。

 日野川沿いには、広野、橋立、宇津尾、八飯、荒井。

 孫谷川沿いには、孫谷、大門。

 田倉川沿いには、高倉(廃村)、芋ヶ平(廃村)、瀬戸、杣木俣、杉谷、小倉谷、上温谷、古木、馬上免、長沢、久喜、社谷、八乙女。


 多いですね、数えてみると全部で23集落もありました。

 この集落のうち、久喜を歩いてみました。


 集落の入り口に立っているお寺の石碑。
 kuki 10-1101.JPG

 kuki 10-1102.JPG

 kuki 10-1110.JPG


 集落の中を歩いていると、小さな子が駆けてきました。
 kuki 10-1103.JPG

 おばあさんも畑仕事の帰りでしょうか、1輪車を押しながら家路に向かっていました。
 kuki 10-1104.JPG

 小さな集落には勿体ないくらいの立派なお寺。
 kuki 10-1105.JPG

 kuki 10-1106.JPG

 泥壁の蔵。
 kuki 10-1107.JPG

 kuki 10-1109.JPG

 雨に濡れたり、雪が付いたりしても壁は傷まないんでしょうか?


 住宅地にある栃の木
 kuki 10-1108.JPG
 普通は山にあるんですが・・・・。

 集落内を流れている小川
 kuki 10-1111.JPG
 ここでちょっとした洗い物をします。


 蔵に伸びる山芋のつる。
 kuki 10-1113.JPG


 今庄の人口は市街地も含めて5千人を切りました。

 昔は国鉄の機関区があった為、もっと人がいたんですが、今では過疎になっています。
 
 とても残念ですが、これが現実です。

posted by 兵三(ひょうさ) at 07:37| Comment(0) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

杣木俣(今庄)

 山一つ超えれば池田町に抜けると言うところにある杣木俣を訪れてきました。

 この杣木俣はその昔、水戸藩士 武田耕雲斎一行が通った場所として知られています。


 除雪の際に曲がったのでしょうか、立て看板が少し曲がっていました。
 somakimata 10-0401.JPG

 somakimata 10-0403.JPG


 ここ杣木俣にはいぼ石の言い伝えが残っていて、神社に祭られています。
 somakimata 10-0405.JPG

 somakimata 10-0402.JPG

 これがいぼ石です。
 somakimata 10-0406.JPG


 私が訪れたのは4月15日だったんですが、まだ道には雪が残っていました。
 somakimata 10-0410.JPG


 昔はもっと多くの家があったそうですが、今ではやはり過疎が進んでいるようでした。
 somakimata 10-0404.JPG

 somakimata 10-0415.JPG

 somakimata 10-0414.JPG

 somakimata 10-0413.JPG

 somakimata 10-0416.JPG

 somakimata 10-0411.JPG


 お年寄りにここを通った水戸天狗党の言い伝えを聞いたんですが、通ったことは聞いていたようですが詳しいことは知らないということでした。

 
 ここの本格的な春はもう少し経ってからですね。

posted by 兵三(ひょうさ) at 08:21| Comment(0) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

大桐(旧今庄町)

  今日から今庄各地の集落の写真を載せていきます。

 仕事でなかなか故郷に帰れない人や離れたまま何年も帰ってない人に見てもらえたらと思いシャッターを切りました。

 全部の集落を一度に載せることはできないので、その点はご容赦を・・・・・。


 それでは、第一日目は大桐です。

 oogiri aki 09-000.JPG

 oogiri aki 09-001.JPG

 oogiri aki 09-002.JPG

 oogiri aki 09-003.JPG

 oogiri aki 09-004.JPG

 oogiri aki 09-005.JPG

 oogiri aki 09-006.JPG

 oogiri aki 09-007.JPG

 oogiri aki 09-008.JPG

 oogiri aki 09-010.JPG

 oogiri aki 09-009.JPG

 oogiri aki 09-011.JPG

 oogiri aki 09-012.JPG

 oogiri aki 09-013.JPG


 集落の隅々までとはいきませんが、なるべく大くの角度から撮っていきます。



 私の写真が、少しでもお役に立てますように・・・・、と願いながら・・・・・。


posted by 兵三(ひょうさ) at 22:44| Comment(7) | 今庄の集落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする