kamiitadori aki .jpg

2013年03月18日

雪囲いの取り外し

 家の周りには雪はすっかり無くなって、昨日雪囲いを取り外しました。

 脇本陣に建てられた清心閣と若狭屋の雪囲いの取り外しを塾生と白寿会の方々と行いました。

 yukigakoi 13-03 (1).JPG

 徐々に板が取り外されて・・・・・、
 yukigakoi 13-03 (2).JPG

 yukigakoi 13-03 (5).JPG

 きれいになりました。
 yukigakoi 13-03 (7).JPG

続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 編集長のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

若狭屋 カフェ木の芽がオープンしました。

 3月11日に若狭屋にカフェがオープンしました!!

 名前は木の芽

 木の芽峠の名前を頂きました。

 今までは今庄に来られた人がちょっと休憩したいなと思っても休めるところがなかったので、気軽に立ち寄っていただきたいとの思いから作りました。

 今までカフェとしての装備の設置や内装の変更などにかかっていたんですが、やっとできました。

 misebiraki 13-03 (1).JPG
 ブロック塀の横が駐車場になっています。


 misebiraki 13-03 (3).JPG

 文字は若狭屋に残っていた版木からのものです。
 misebiraki 13-03 (2).JPG

 misebiraki 13-03 (4).JPG

続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

若狭屋がリニューアルしました。

 まだ完全とはいきませんが若狭屋がリニューアルしました。

 ちょっと立ち寄って一休みする空間と外観の一部を修繕しました。

 wakasaya 13-02 (1).JPG

 行燈も付けました。
 wakasaya 13-02 (2).JPG

 格子戸の色もベンガラに塗り替えました。
 wakasaya 13-02 (5).JPG

 ちょっと明るい色になりましたが・・・・。

続きを読む
posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

慈眼寺の伝説

 夜叉が池の竜神

  昔、慈眼寺境内に竜神池と言う美しい池があった。

 いつの頃からこの池に嫉妬深い一人の女が夜叉になって住みついていた。 

 おこの女は名声の高い天真自性禅師を教えをうけていたので、夜叉に化けて住みついたのである。

 そこで禅師はある日、竜神池のそばの大きな石の上に座禅して「いちげ」(ありがたいお経の一節)を授けて仏教の教えを説かれた。

 すると夜叉は大変感激して解脱し、禅師に厚くお礼を言って今庄の奥の夜叉が池に移り住んだ。

 それから毎年のお盆に龍燈と言う提灯をさげて、寺にお参りしたという。

 不思議なことにこの夜叉がお参りに来る大法要の時には、道すじは必ず雨が降ると伝えられれている。

 それで日照り続きで干ばつの時には、お寺の住職が夜叉が池にお参りして雨乞いすると、必ず雨がるという。

 夜叉が池への登り口
 yashagaikeiriguchi 12-08 (7).JPG


 豆臼の伝説

 平安時代初めの弘仁七年(816年)、田倉郷の小倉谷に天台宗月曳寺を開いた谷口権左衛門(権兵衛)と言う人がいた。

 この人の後妻たやはいたって邪険な女で継子をひどくいじめた。

 ある日、実の子には生豆を持たせ、継子には炒り豆を持たせて、山畑へまきに行かせた。

 ところが継子のまいた炒り豆の中に一粒の生豆があって、その年の四月八日一夜で一茎双枝(一本から二本の枝が出ること)の豆の木が生え、みるみる大木になった。

 その年の秋には東に伸びた枝に七石、西に延びた枝に八石、合わせて十五石(約2700リットル)の豆がなった。

 今も小倉谷には七石谷、八石谷の地名がある。

 さしもの邪険なこのまま母も改心してわが子と同じく可愛がって育てたという。

 継母はその豆の木の根元で搗き臼を作り、枝で太鼓の胴を作った。

 太鼓は江州伊賀群の寒山寺に寄進し、搗き臼は月曳寺の宝物として保存した。

 その後、慈眼寺を開いた天真自性禅師がこの臼をもらって今日に伝えると言う。

 宝物の豆臼
 jigennji 07-006.JPG





posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

慈眼寺

 天真自性禅師の開祖

 慈眼寺は宅良地区小倉谷の東方山麓にある古寺である。

 jigennji 07-000.JPG
 jigennji 07-002.JPG

 普門山と号し曹洞宗横浜市鶴見総持寺に属する中本山で、かつては全国に天真派千百四の末寺を持つ大寺であった。

 創建は今からおよそ600年前の嘉慶元年(1387)で、開祖は天真自性禅師である。

 本尊として十一面観世音菩薩をまつる。

 「帰雁記」に夜と、この寺の天真和尚は元は奥州の刺史(地方の武官)で名ある弓取りであった。

 たまたま一禅僧に逢い「本源自性天真仏」と言う文を聞いて、たちまち発心し、はるばる越前の竜泉寺(武生)に来て通幻和尚の弟子となり、彼の名を取って天真自性と号した。

 時に42歳になっていた。

 やがて山を買い求めて寺を建立し、土を掘って観音の金像を獲て安置したという。

 宅良の深山で師弟を薫陶すること40年、幾多の名僧を排出した。

 盛時には寺内に月曳寺、金剛寺など塔籐十二、尼庵四を有していた。

 慶長八年(1603年)には結城秀康が寺領二十石を寄進している。

 長い年月の間に二度も大火にあい、七道伽藍を備えた寺であったが、復旧できないまま今日に及んでいる。

 「越藩古禅林」の学を掲げる苔むした山門に昔の面影をとどめている。

 中世文書数点を含めた多くの古文書を有し、伝説で知られる豆臼も保存されている。

  これが豆臼です。

  jigennji 07-006.JPG

 なお、泉鏡花の劇「夜叉ヶ池」はこの寺を舞台として創作されたものである。


  注)このブログは、山本勝士さんが書かれた「福井県 今庄の歴史探訪」の中の記事を了解を頂いて掲載させていただいています。






posted by 兵三(ひょうさ) at 01:00| Comment(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする